自身メソッドで人生が上手くいく!

仕事が思い通りにならなくて愚痴癖がついてしまう人はプラス設定で!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

この記事は

仕事の案件や人間関係などに関して、思い通りにならなくて

「どうせうまくいきっこない!」

という愚痴をこぼしてしまう方におすすめです。

 

プラス設定とは?

プラス設定」という言葉はありません。私が作ったことばです。

皆さんが旅行に行く時は「どこそこに行って何々を見てくる」と決めますよね?

お仕事でも同じです。

新しい企画をたてて、物事をはじめる時に「これこれをして、成功する」のがゴールだ!と決めます。

そして「成功ゴール」に達した時に、どういう状態でいるか?ということが大事です。

ただ成功するのがゴールだと、必死でやって、ふらふらでたどり着いて、倒れこむかもしれません。

ゴールにたどり着いた時、何か良い状態「プラスの状態でいる」ことを決めます。

それが「プラス設定」と言います。

この話だけ聞いていると「なぁんだ、当たり前のことじゃないか」と思われるかもしれません。

当たり前なことなのですが、これは本当に大事なことなのです。

「どうせうまくいかない!」と愚痴ってしまう方はこの「プラス設定」をしてません。

では、「うまくいかない」方々はどんな風にしているのでしょうか?

物事は「うまくいかない!」
その仕組みとは?

そういう方は、はじめに思い込んでおられるのです。

何を思い込んでいるのかというと・・・「うまくいきっこない!」ということです。

「どうせ、うまくいかないんだから!」と凄い念をこめて決めておられます。

強い負(マイナス)のエネルギー

めっちゃ 怒りながら思うことって、パワーが大きいです。

めっちゃ 心の中の マイナスの祈りパワーがこめられています。

もし、運命の女神が、「良くなって行こうとしている運命の力」を働かせたとしても本人の怒りによる「運命をマイナスに動かす力」が大きく作用してしまうのです。

怒りマイナスの思い込みのパワーを生み出します。

マイナスの思い込みの力

あなたは、子供のころから、まわりの大人に「あんまり怒るな」って言われていませんでしたか?

怒っている時の、マイナスの思い込みから始まる、マイナスに運命を動かしてしまう、ネガティブマインドパワーって大きいんです。

プラスの出来事が動いていたとしてもマイナスの出来事が起こるべく念を使ってしまっているもんだから、

プラスのものがマイナスに見えてくるのです。

それだけでなく、プラスのことが起こったら無意識に「そんな良いこと起こるわけがない!」と思うんです。

「良いことが起こる訳がない」という設定

あなたが いつでもなにかうまくいかないことが続いていて、敗北感を感じていたとしたら、「良いことが起こる訳がない」ということを前提条件として人生を生きているということです。

「自分がやることは、すべてうまくいきっこない」という口癖が生まれます。

無意識にそれを「設定」しています。

すると仕事だけでなく人生全般を「設定」してしまいます。

仕事だけでなく人生までも動くしくみ

仕事でも取り組む内容を明確にして誰がそれを担当するか、誰に依頼するか、ということを決める前に!

もしも、あなたが「文句言いの人生」を生きる、とが決めていたら、
・仕事は誰に依頼しても、
・どういう手順をふんでも、
・どこでやっても、
・何を選んでも、
あなたが選んだ「人・手順・場所・手段」それはすべてうまくいかなくなります。

うまくいっていても、最終的にはうまくいかなくなります。

その人が決めた「設定」を基本としてその人の人生が動き出すからです。

でもご安心ください。

 

設定は変えられる!

「設定」はいつでも変えられます

また、

「祈り」の内容はどんなネガティブな内容だったとしても、いつでも修復できます

ですから、内容をはっきりさせる前に「うまくいくんだ」ということ、「適切に(ちょうどいい具合に、無理なく)物事が運ぶ」ということ、

そして、それにより「関係者全員幸せになる」ということを漠然と決めておくといいです。

それから
仕事内容の取り組みを見つめて誰が担当するか? などを決めるのがいいです。

祈り」は「設定」です。

一見、うまくいかないように見える出来事が起こっても、大丈夫です。

この「プラスの設定」=祈りをしておくと、まわりまわって良い風に物事が起こります

ただし、プラスの設定=お祈りだけして、何もしないのは、ダメです。

プラスの設定(祈り)は行動が効果的に実現して行くようにする為のものです。

プラスの設定を祈ったあと、祈ったことなど忘れて 集中しお仕事に打ち込まれるといいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です