自身メソッドで人生が上手くいく!

子供を心配しすぎて疲れるお母さん達へ「うちの子、変なの?」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

夏休みは、親子で出かけ、家族関係の思い出が作られる時期でもあります。

この時期特に、子供の心配をする親が多くなります。

子供の心配をしすぎて 疲れるお母さん達、いらっしゃいます。

 

どんなことで心配するか?

 

色々な親子関係のお話を伺っていますと、まだ小さい子供をもつ若いお母さんほど、心配でたまらなくなります。

話を聞くと、子供ではよくありがちなことでも、若いお母さんは心配し疲れる訳です。

 

「こんなに@@では、どんな大人に育ってしまうだろう?」

「大丈夫だろうか? よその子どもよりもうちの子は@@だ。」

 

と心配しています。

 

・・・この@@のなかは

  • おとなしい
  • 乱暴
  • ことばが遅い
  • 話しすぎる
  • 自閉症ぎみ
  • 熱中しすぎる、
  • 人のことばかり気にしている
  • やさしすぎる

など どんな性格・性質でも、親の心配の種になります。

 

よその子供と比べてしまう

 

頭では、「よそはよそ、うちはうち、比べるものではない」と分かっています。

しかし、心の中では、真剣によその子供と比べて心配しています。

よその子どもと比べなくても、子供は一人一人性格・性質が違います

活発な子供も、見よう見方によっては乱暴なという風に見えてしまいます。

 

「比べる」というのは、よその子供と比べるだけではありません。それ以外の比較もしています。というのは・・・。

 

自分の子供と、かつて子供だった自分を比べている

 

子供を育てる場合、無意識に、自分がかつて子供だった時、どんな子供だったか?を思い出しながら育てています。

女親であれば、子供時代、どんな女の子だったか、を思い出します。

すると目の前の子どもは今どきの子供なので、比べると乱雜に見えたり

おとなしすぎるように見えたりします。

無意識にジャッジしてしまいます。

昔と今は感覚が違います。

お母さんは、かつての自分が子供だった時の感覚で、自分の子供を見ると、成長が遅いような気がして変なのではないかと思ってしまうのです

 

子供はみんな発達途上

 

でも本当は、子供はみんな発達途上なのです。成長が遅くてゆっくり学んでいく子供は、大人になっても勉強していきます。

成長の伸びていくのがゆっくりの人は、年がいってもジワジワまだまだ成長していきます。

伸びしろがそれだけ沢山ある、ということです。

 

成長を楽しみにする

 

ですから子どもの成長が遅いと思い、心配している方は、お子さんの将来を楽しみにしているといいです。

小さな成長を積み重ねていくタイプですから、小さな成長進歩を何度も何度も喜ぶことができます。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です