自身メソッドで人生が上手くいく!

恋愛がうまくいくにはどうしたらいいかわからない! おしゃれは有効なの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

片思いだけれど好きなひとができたり、恋愛が始まった女性は、毎日がドキドキです。

「どうかこの恋がうまくいきますように!」って神様に祈ります。

そして「恋愛がうまくいくにはどうしたらいいか、わからない!」と真剣に思い悩みます。

色々な雑誌の「恋がうまくいくコツ」の特集記事を穴があくほど読んだり、彼との相性をパソコンの占いサイトで調べたりします。

デートが近づくと「どんなおしゃれをしたらいいのかしら?」と手持ちの洋服やメイク道具を部屋中に広げて、悩みます。

 

この記事はこんな人にお勧め
  • 「恋愛がうまくいくように!」
    とても真剣に祈っている
  • 「彼氏に気に入ってもらえるかどうか」
    不安でたまらない
  •  おしゃれはどうしたらいいのか、
    わからない
  • 「だって、男性は綺麗な女性が好きなんでしょう?」

 

こんな風に思っておられる方は多いんじゃないでしょうか?

 

そうすると、恋愛は苦しいものになっていきませんか?

10歳年下の彼氏をゲットして、5年交際の末、結婚し、10年以上、今もラブラブな私がお答えします。

 

動画でも説明しています

 

恋愛をすると、おしゃれになります

 

恋愛をすると人は変わります。

面倒くさがりで、今までおしゃれに関心がなかった人でもおしゃれをするようになります。

 

鏡の前で「あーでもない、こーでもない」と手持ちの服を広げて自問自答します。

 

自分A「ね、こっちの服とこの服。どっちの方がいいかな?」

自分B「そうね、こっちの方があなたに似合うわよ。」

自分A「ダメよ、どっちが痩せて見えるか、考えてよ。」

自分B「うーん・・・」

自分A「ね、どっち着たら、彼がにっこりしてくれて『綺麗だね』と言ってくれるかな?」

自分B「どっちも選んでも、彼は『綺麗だね』と言ってくれるよ」

自分A「きゃあ~! 嬉しい! そうよねぇ! 」

 

こんな感じです。

ここで気づかれましたか?

恋をすると、おしゃれをするときの意識が変わります。

おしゃれは「自分を綺麗に見せたい」という意識の現れです。

その「自分を綺麗に」という意識が、恋をすることで変わります。

  • 「自分のために」ではなく
  • 「彼のために」おしゃれをする
    ・・・という意識になります。

彼のために、とはどう言うことでしょうか?

こんな意識です。

「素敵な彼氏に好かれたい!」

「可愛い女に見られたい!」 と思います。

そしてどんな風に見せるかというと

「色気がある女に見られたい」

「私が彼に夢中なように

彼にも私に夢中になってもらいたいの」

その気持ちはよくわかります。

 

私の経験

 

デートの当日

待ち合わせに彼が現れました。

わたしは彼に「ミニスカートとロングブーツ」を見せて言いました。

「これ、どう?」

すると彼は・・・

彼の反応

「それ、寒くない?」

ミニスカートを見て言いました。

そして
「歩きにくくない?」

慣れないロングブーツを履いて、よたよた歩いている私を見て言いました。

 

その時に思いました。

彼には、おしゃれが通用しない!

ということです。

不思議な落ち着き

せっかく買ったのにー!
と、ガッカリしました。

でも、待てよ待てよ!
「寒くない?」と気づかってくれたよね!

ミニスカートを見て
男の欲情より、思いやる優しさが
先に出てくる彼って、すごくない?

この人は優しい人だ!と改めて思いました。

それだけではなくて
後日、こんな事がありました。

 

華やかメイクは・・・

 

ある日、私はセラピストとしてのプロフィール写真を「メイクと撮影セット」でしてもらいました。

撮影の時は、強い光をあてるため、普通程度の色彩のメイクだと色が飛んでしまいます。

ですから、濃いめのメイクになります。

その撮影用メイクをしてもらい、撮影が終わったあとで、彼とのデートの待ち合わせの場所まで行きました。

ビシバシメイクの私を見て、彼は開口一番言いました。

「濃いよ!」

ティッシュでメイクをこすり落とすと、彼は安心して、一緒に手をつなぎました。

彼が求めているのは、華やかに着飾った私ではなく、そのままの私だったんだ。

 

その経験を踏まえてあなたに言います。

 

おしゃれより 心をひらくこと

 

恋愛がうまくいくのに大事なことは おしゃれよりも

心をひらくことです。

恋愛をしていって、彼とあなたは心をひらいていきます。

交際をしてお互いを知っていく、認めあっていく時に、過度なおしゃれは不要です。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です